2020年8月8日電子書籍発売!!

メイクひとこと豆知識

化粧品の成分の見かた 〜成分表示を見るコツをお伝えします!〜

化粧品は成分が大事」ということは誰しもが理解をしていると思います。
とはいえ、成分表を見てもよくわからないことが多いですよね。
化粧品は値段が高いものを使うよりも、自分に合ったものを使う方が大切です。
現在、化粧品は全成分表示なので、成分はパッケージに全て記載されています。
今回は、化粧品の成分を見る時のコツをお伝えします。
ぜひ参考にしてみてください。

こんな方におすすめ

  • 自分のお肌に合うスキンケアを使いたい
  • 敏感肌やアトピー肌の方
  • 化粧品の成分を理解したい
こんな方の疑問を解決致します。

 

 

 

記事の内容

  • 化粧品の成分の見かた
  • 最も重要なのは1行目
  • 化粧品の主成分とは?

 

 

 

化粧品の成分の見かた

化粧品の成分の見かた

 

まず、化粧品の成分を見る時のコツは4つあります。

 

化粧品の成分表示を見るコツは

・とにかく1行目を見る
・保湿成分やエキスなどは無視
・多少刺激的な成分も微量なら可
・防腐剤は気にしない

この4つです。

 

 

とにかく1行目を見る

1行目の成分がその化粧品の主成分なので、最も重要です。

 

 

保湿成分やエキスなどは無視

保湿成分やエキスは微量なので重要性は低いです。

 

 

多少刺激的な成分も微量なら可

刺激のある成分も2〜3段目と下の方にあれば無視できます。

 

 

防腐剤は気にしない

防腐剤は多くても0.5%程度なので、お肌への影響は小さいです。

 

 

 

たとえば、このように表示がされていたとします。

水、BG、グリセリン、ヒアルロン酸Na、ハトムギエキス、
エタノール、PPG-10メチルグルコース、コハク酸2Na、
ヒドロキシエチルセルロース、コハク酸、メチルパラベン

 

上位の成分に注目(主成分)
保湿成分やエキスは1%以下(重要性は低い)
2段目ならOK(無視できる)
防腐剤は気にしない(お肌への影響は小さい)

 

というような感じで成分を見ましょう。



最も重要なのは1行目

最も重要なのは1行目

 

基礎化粧品を選ぶ上で何よりも重要なのは、その化粧品の「主成分が何か?」を知ることです。

 

化粧品のパッケージなどに記載されている「全成分表示」には、その化粧品に入っている成分が記載されています。

さらに、記載順は基本的に「配合量の多い順」に書かれています。

 

そのため、化粧品成分において最も重要なのは、1行目です。

大抵の場合、この1行目に書かれている成分がその化粧品の主成分だからです。

 

 

化粧品の主成分とは?

化粧品の主成分とは?

 

たとえば、ほとんどの化粧水は成分の90%以上が水でできています。

その次に多いのが、保湿用のグリセリンエタノールBGなどの水性基剤で、割合はおよそ5〜7%、これがいわゆる主成分と呼ばれるものです。

乳液やクリーム、美容液も、水の配合量は変わりますが水性基剤は絶対に入っています。

 

特に敏感肌お肌の弱い方は、成分表示を見て、水の次に書かれているものがグリセリンかBGのものを選ぶようにしましょう

 

特徴としては

・グリセリンはしっとり系
・BGはさっぱり系

の使用感です。

 

また、ニキビ肌で悩んでいる方にはグリセリンは不向きです。

 

エタノールは揮発性があって、浸透を感じやすく使用感も良いので、お肌が強い人なら問題なく使えます。

とはいえ、敏感肌やアトピー肌の方は刺激を感じやすいので、気をつけてください。

主成分に刺激の強い成分が使われている場合は、お肌にも刺激があることが多いので、避けた方が無難です。

 

逆に微量成分(保湿成分、エキス、防腐剤など)は良い効果も悪い効果もほとんど無視できます。

 

ただし、成分表示は配合量が1%以下のものは順不同で書かれています

基礎化粧品に1%以上入れるものは、性質上、水と水性基剤、油性基剤、界面活性剤くらいしかありません

それ以外の成分が前に書かれていたら、そこが1%のラインだなと思ってください。

たとえば、「〇〇エキス」とか「コラーゲン」みたいな成分は確実に1%以下です。



今回のまとめ

化粧品の成分表示を見るコツは

・とにかく1行目を見る
・保湿成分やエキスなどは無視
・多少刺激的な成分も微量なら可
・防腐剤は気にしない

この4つです。

 

化粧品は主成分が重要です。

主成分は1行目に書かれています。

なので、最も重要なのは1行目です。

 

主成分とは、グリセリンエタノールBGのことです。

 

選び方のコツは

・グリセリンはしっとり系(ニキビ肌の方は不向き)
・BGはさっぱり系
・エタノールはお肌に強い方はOK

です。

 

以上を参考に化粧品の成分を判断してみてください。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ではまた!

 

サロンへのご予約はこちらから

  • この記事を書いた人

Ryuho【リュウホ】

見に来てくれてありがとうございます。 神戸三宮 | 美容室「STELLA sannomiya」代表。 美容師歴20年、メイクアップアーティスト歴10年。 「知ってて得する美容情報」を発信中です。 さらに詳しいプロフィールはプロフィールページに書かせて頂いております。 どうぞよろしくお願いいたします。

【保存版】人気まとめ記事

1

「ダイエットを頑張っているけどなかなか結果が出ない」という方もいますよね。 もしかすると、間違った方法で実践されているかもしれません。 そんなあなたのために、「健康的で絶対に痩せるダイエットのロードマ ...

2

メイクアップをしていく上では、もちろんどのパーツも非常に重要です。 とはいえ、いろんな方にお悩みをお聞きしていると「眉が難しい」とおっしゃる方がほとんどです。 そんなあなたのために、「必ず眉がうまく描 ...

-メイクひとこと豆知識

Copyright© 神戸三宮 | 美容師&メイクアップアーティスト「Ryuho」のブログ , 2020 All Rights Reserved.