2020年8月8日電子書籍発売!!

ヘアひとこと豆知識

タオルドライの正しい方法 〜間違ったタオルドライは髪の毛を傷めます〜

髪の毛が大きく傷む原因の1つに、摩擦があります。
この摩擦は、実は毎日の習慣となっているタオルドライと深い関係があります
今回は、髪の毛を傷ませないようにする「タオルドライの正しい方法」をお伝えします。
ぜひ参考にしてみてください。

こんな方におすすめ

  • 髪の毛がなぜか傷んでいる
  • 髪の毛を傷ませたくない
  • タオルドライを適当にしている
  • 美髪になりたい
こんな方の疑問を解決致します。

 

 

記事の内容

  • 髪の毛が傷む摩擦について
  • タオルドライについて
  • タオルドライの正しい方法
  • タオルドライでNGなこと

 

 

髪の毛が傷む摩擦について

髪の毛が傷む摩擦について

 

髪の毛が傷む大きな原因は

・パーマやカラーの薬剤
・紫外線
・摩擦

この3つです。

 

今回はその中でも、摩擦についてをお伝えします。

 

髪の毛の摩擦は大きく2つに分かれます。

・タオルドライの摩擦
・寝ている間の摩擦

この2つです。

 

寝ている間の摩擦はどうしてもコントロールできないですよね(笑)

なので、1番デリケートにおこなってほしいのが、タオルドライです。

 

タオルドライは、シャンプーと同じくゴシゴシこするのは厳禁です。

髪の毛が濡れている状態はダメージを受けやすいからですね。

少し具体的に言うと、髪の毛が濡れている状態は、キューティクルが開いているからです。

 

さらに、髪の毛が傷んでいる人ほど注意が必要です。

傷んでいる髪の毛ほどダメージは進行しやすいからです。

 

シャンプーの仕方でも髪の毛は傷んでしまうので、できる限り気をつけましょう。

 

【正しいシャンプーの仕方はこちらの記事を参考にしてみてください】

シャンプー
シャンプーの正しい仕方と傷ませない方法

特に何も考えずにシャンプーをすると、髪の毛は傷んでいきます。 正しいシャンプーの仕方を理解して、傷ませないシャンプーをしましょう。 でも「正しいシャンプーのしかたなんてわからない、、。」 今回はそんな ...

続きを見る

 

 

タオルドライについて

タオルドライについて

 

タオルドライをするときは、髪の毛の束を少しずつとって、やさしくおさえながら水分を拭き取りましょう

パンパン叩いたり、ゴシゴシと拭いたりするのは絶対にNGです。

でも、「それだと水分が取れないし、時間がかかる!」という方もいらっしゃいますよね。

これは、特にダメージをしている方に多いです。

 

とはいえ、時間がかかっても焦らずにおこないましょう。

何度も言いますが、傷んでいる髪の毛は傷みやすいです。

 

実は、髪の毛が健康であれば乾きは早いです。

もし、タオルドライをしても髪の毛がまだびしょびしょという方は、ヘアケアをしっかりおこなうようにしましょう。



タオルドライの正しい方法

タオルドライの正しい方法

 

タオルドライの正しい方法は

①事前にある程度水気を取る
②頭皮をタオルドライする
③毛先をタオルドライする
④水分が出なくなったらOK

この4つです。

この順番でおこなってください。

 

①事前にある程度水気を取る

タオルドライを始める前に、髪の毛についている水分を取り除いておきましょう。

ゴシゴシこすって頭皮の水分を取るのではなく、まずは髪の毛の水分を取ることです。

 

②頭皮をタオルドライする

頭皮部分からタオルドライをしていきます。

頭皮をこするようにするのではなく、ポンポンとやさしく押さえるようにしましょう。

 

③毛先をタオルドライする

次に毛先部分をタオルドライします。

髪の毛の真ん中部分から、毛先をタオルで挟むような状態にします。

そこから両手でやさしくプレス(おさえて)し、タオルに水分を吸わせていきます。

 

④水分が出なくなったらOK

水分がほとんど出なくなったらOKです。

ある程度水分をとったら、クシを髪の毛に通してみて水が出ないようになれば完了です。

 

 

タオルドライでNGなこと

 

タオルドライでやってはいけないことをお伝えします。

先ほどもお伝えした通り、濡れた状態の髪の毛はキューティクルが開いています。

この時に、ゴシゴシと思い切り力を入れると髪の毛が傷みます

 

さらに、髪の毛の水分を取るために、頭にタオルをかぶせたまま長時間放置するのはやめましょう

濡れた状態の頭皮を放置することになるので、殺菌が繁殖しやすくなり、においの原因にもなります。

ぜひ注意してください。



今回のまとめ

摩擦は髪の毛が傷む大きな原因の1つです。

摩擦を防ぐには、タオルドライの方法が重要になってきます。

間違ったタオルドライを毎日の習慣にしてしまうと、知らない間に髪の毛が傷んでしまいます。

 

タオルドライの正しい方法は

①事前にある程度水気を取る
②頭皮をタオルドライする
③毛先をタオルドライする
④水分が出なくなったらOK

この順番で行ってください。

 

とにかく少しでも摩擦をさせないように気をつけましょう。

これはお肌も同じです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

【今回の記事が動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ】

 

ではまた!

 

サロンへのご予約はこちらから

  • この記事を書いた人

Ryuho【リュウホ】

見に来てくれてありがとうございます。 神戸三宮 | 美容室「STELLA sannomiya」代表。 美容師歴20年、メイクアップアーティスト歴10年。 「知ってて得する美容情報」を発信中です。 さらに詳しいプロフィールはプロフィールページに書かせて頂いております。 どうぞよろしくお願いいたします。

【保存版】人気まとめ記事

1

「ダイエットを頑張っているけどなかなか結果が出ない」という方もいますよね。 もしかすると、間違った方法で実践されているかもしれません。 そんなあなたのために、「健康的で絶対に痩せるダイエットのロードマ ...

2

メイクアップをしていく上では、もちろんどのパーツも非常に重要です。 とはいえ、いろんな方にお悩みをお聞きしていると「眉が難しい」とおっしゃる方がほとんどです。 そんなあなたのために、「必ず眉がうまく描 ...

-ヘアひとこと豆知識

Copyright© 神戸三宮 | 美容師&メイクアップアーティスト「Ryuho」のブログ , 2020 All Rights Reserved.